できやすい場所によってニキビの原因は異なる?それぞれの対策方法は?

2020年05月19日

ニキビは思春期の場合と大人になってからだとできる原因などの点で違いが見られます。思春期の場合であれば、ホルモン変化による皮脂の過剰な分泌が影響している可能性が高いのです。一方で大人になってからできる場合は、普段の生活リズムが影響している可能性もあります。自分の生活に原因がある場合には、環境を改善することでニキビができにくくなるかもしれません。

例えばニキビができやすい場所の1つに、おでこがあげられます。おでこにできやすい理由の1つが、髪の毛や整髪料による刺激、さらにはシャンプーやトリートメントの洗い残しなどの外的要因によるものが多くなっています。前髪がおでこにこすれることが多いなら、髪型を変えるなどの対応を取るのも1つの手です。またシャンプーなどの洗い残しを防ぐために、洗髪後はよく洗い流すことを意識しましょう。

また、鼻もニキビができやすい場所の1つです。鼻周りにできやすい理由には、ファンデーションや汚れの洗い残しによる毛穴のつまりなどがあげられます。化粧を落とした後は丁寧に洗顔をして、洗い流すことがニキビを防ぐことにもつながります。

顔の中でも乾燥しやすい頬は、ニキビができやすい場所の1つとなっています。乾燥や冷えさらには不規則な生活リズム、脂肪分の多い食事などさまざまな原因があげられるので注意が必要です。寝具やバスタオルに繁殖した雑菌が原因になるケースも見られます。

頬にできやすいニキビには、生活習慣が大きく影響しています。そのため改善したいと考えているのであれば、自分の生活習慣を見直すことも必要不可欠です。バランスの良い食事や適切な睡眠時間を心がけるだけでも、悩みを解決できるかもしれません。食事に気を使いたくても、仕事などの理由で改善が難しい方もいるでしょう。そのような方はサプリメントを利用して、不足している栄養素を手軽に摂取できるようにするのも1つの手です。

さらにニキビを改善するためには、スキンケアを見直すということも必要なポイントです。塗り薬で一時的に治っても、化粧の汚れの洗い残しなどが原因で再発してしまうかもしれません。使う化粧品の見直しや洗い残しを無くすなどの点に注意しましょう。使っているタオルや寝具を清潔な状態に保つことも大切です。ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなることもあります。生活習慣だけではなく、ストレスをためない生活をすることも忘れてはいけません。